一口オーナー制度のココロカラ ホーム  >  ココロカラとは?

ココロカラとは?

ココロカラは寄付・支援の新しい方法として、注目を集めている一口オーナー制度(一口○○円という形でオーナー様を募集し、出来る限りの御礼をする制度)の様々なプロジェクトが集う、一口オーナー制度のプラットフォームサイトです。


オーナー制度寄付との違いは?
支援後の状況と継続性について
  • 寄付:何に使われるかが明確ではなく、フィードバックが無い ため継続的な支援が少ない。
  • 一口オーナー制度:支援金の用途が明確で、結果が分かりやすい ので共感しやすい、継続性が高い。
“支援をする人”と“支援を受ける人”の関係性について
  • 寄付:「寄付してあげた」「一方的に貰った」という、上下関係 の意識が生まれてしまう。
  • 一口オーナー制度:支援金の対価を返すことにより、フラットな関係性 を保つことが出来る。

ページTOPへ

一口オーナー制度の例

「復興かき」オーナー制度

震災の影響により松島のカキ養殖場が津波にて全て流されてしまった。かきの流通業者が養殖場復興のため、一口1万円にてオーナー制度を募集。

オーナーは無事に復興することが出来た際に、20粒のカキを貰える権利がある。募集開始からわずか約3カ月で2億円以上の支援金を集めることに成功しています。


※このプロジェクトは(株)アイリンクが運営しているも